リフレクソロジー (REFLEXOLOGY) 

 

リフレックス(反射)+ ロジー(学び・論)

 

つまり 

 

足をもむと体に反射した形で刺激が伝わり

疲労や病気などに改善効果がある健康法です。

 

(手 耳 頭 舌 顔などにもあります!)

 

ほんと? いつから?? 

4000年前 エジプト

アンクマホールという外科の先生のお墓に

ある壁画です。

上の象形文字では

「そんなに痛く揉まないでくれ〜」

「今は痛いですけどあとで楽になりますよ。

 私に感謝することでしょう」

というやりとりが書かれています。足や手を刺激して健康に役立てていたことが伺えますね。

 

 

 

2000年前 中国

中国最古の医学書と言われる「黄帝内経(こうていだいけい)」に足をもむと病気が治せる、予防ができるという考えがあったとされています。

 

 

1000年前 日本

奈良県の薬師寺に仏足跡(ぶっそくせき)があります。 仏陀(お釈迦様)の足跡を掘った石。

足の裏には、人間の五臓六腑を連想させる模様が書かれています。 足の裏と体に関係があるということが 伺えますね。

 

いつ? どこから? とはっきり断定することは、できませんが いくつか残っているものから遠い時代あちらこちらで、遠い先輩方が、素晴らしいものだよと大切に後世に伝えようとされているのは 感じることができますね。